屋宜原の印部土手石(やぎばるのしるべどていし)

屋宜原公民館敷地内に建つ「きしやはこし原 ア」「きしやはこし原 口」の二基の印部土手石。

屋宜原の印部土手石1

二基とも保存のため、現在地に移設された。印部土手石は、シルビグァー、原石ともいわれ、琉球王府が元文検地(1737年~50年)を行ったときの土地測量の目印と境界に使った図根点である。現在の屋宜原は、かつて喜舎場後原と呼ばれ、喜舎場に属していた。この印部土手石はそれを裏付ける資料である。材質は、ニービヌフニ(細粒砂岩)、大きさは、「きしやはこし原 ア」が高さ60㎝、幅24㎝、厚さ12㎝、「きしやはこし原 口」は破損しているため不明である。

PHOTO

詳細情報

各スポットの名称、住所、駐車場、営業時間、定休日、電話など詳細情報を記載しています。
名称 屋宜原の印部土手石(やぎばるのしるべどていし)
座標 26.309773,127.789285

地図

スポット一覧を見る

ページトップ