島根殿(しまにどぅん)

熱田公民館の敷地内にあり、集落のほぼ中央に位置する。

島根殿1

一般にオミヤまたはシマニドゥンと称される。祈願の対象は、海水に浸食された大きな岩である。昭和15年の紀元2600年記念祭に本殿を石造りの拝所から現在の鉄筋コンクリート建てのお宮に建て直された。拝殿は、入母屋造りの木造本瓦葺きで、軸部は戦前のものである。さる大戦前は、神人がウマチー(旧暦2月15日、5月15日、6月15日)に御花、線香、神酒を供えて集落中の人々の健康とムジュクイ(諸作物)の豊年祈願をした。現在は、字の役目(役員)が各ウマチーに拝む。

PHOTO

詳細情報

各スポットの名称、住所、駐車場、営業時間、定休日、電話など詳細情報を記載しています。
名称 島根殿(しまにどぅん)
座標 26.296194,127.807558

地図

スポット一覧を見る

ページトップ