熱田マーシリー(あったまーしりー)

熱田から国道329号を南へ向かうと中城村との境界の手前東側に琉球石灰岩の大岩があり、この岩が熱田マーシリーである。

熱田マーシリー1

伝説によると、昔、具志頭間切の美男子、白川桃原樽金と勝連間切浜村の美女、真鍋樽がお互いに恋をしたが、結ばれることなく二人とも焦がれ死にし、遺言によってここに合葬したという。この岩はマーシリーグスクとも呼ばれている。

PHOTO

詳細情報

各スポットの名称、住所、駐車場、営業時間、定休日、電話など詳細情報を記載しています。
名称 熱田マーシリー(あったまーしりー)
座標 26.290905,127.811758

地図

スポット一覧を見る

ページトップ